身体の悩みの90%は水素で解決

病気・老化の要因

病気の発生や老化を促進する要因を究明すると、悪玉活性酸素と約90%関連していると考えられます。活性酸素は体内に取り込まれた酸素が、赤血球により細胞へと運ばれ、脂肪や糖分を燃やしてエネルギーを発生させるのに使われます。
その際に消費された酸素の2%が活性酸素となります。
他にも私たちの身の回りの生活で特に喫煙、飲酒、紫外線、ストレス、食品添加物、電磁波、激しい運動などにより、悪玉活性酸素がより大量に発生しやすくなります。

活性酸素が原因と考えられる病気

病血管系疾患
血液の老化・動脈硬化・心筋梗塞・脳卒中・脳梗塞
水素の特徴の一つが、血管壁に付着して血管に障害を起こす過酸化脂質の除去です。そのため、心疾患の予防に有効とされています。

内科系疾患
癌・糖尿病(白内障)・肝炎・腎炎・胃潰瘍・腸管潰瘍・性欲減退

皮膚系疾患
アトピー性皮膚炎・シミ・ソバカス・シワ・肌荒れ・火傷
※アトピー性皮膚炎の99%は「活性酸素の除去」で治癒するといわれています。

その他
一般の炎症(花粉症、鼻炎)・冷え性・肩こり・便秘・疲労・二日酔い

フリーラジカルについて

酸素は原子からできています。
その中の電子は2つが対となり安定して存在しています。
それに対して、フリーラジカルは分子が分裂して不対電子をもつ産物が生じるとき(酸化と呼ばれる過程)に発生します。
このような活性酸素は細かい危険物なので、私たち体内の正常な細胞を攻撃し、様々な病気を起こします。


水素が1番優れた抗酸化(抗老化)物質!!

水素とは

水素は無色無味無臭の気体で、細胞よりも小さくとても軽く拡散性があります。
宇宙において一番最初に作られ、原子番号は1、元素記号は H、最も多く(90%)存在する元素です。
身体の63%は水素ですから、私たちの健康を維持するのに欠かせない物質です。

酸化について

リンゴを切ってしばらくすると断面が茶色く変色してしまって水分がだんだんなくなります。
これと同じように酸化とういう現象は私たちの体内でも起こっています。
老化現象ということは身体の中で活性酸素が発生した結果と言われています。

その他水素吸入治療法により様々な疾病が改善された実例があります。新聞などメディアにも研究結果として掲載されるなど「水素の」抗酸化作用は大変注目されています。

悪玉活性酸素を取り除く「水素」

水素は大切な善玉活性酸素とは反応せず、酸化力の強い悪玉活性酸素にだけ反応します。つまり身体によいものはそのまま、悪いものだけ無くすということ。
悪玉活性酸素は水素と反応し水になって無害化されます。
そして水素がいま医療界で注目されているもう1つの理由が「体の隅々にまで届くこと」です。
水素はあらゆる物質の中で最も小さく、実際の大きさは直径0.001ミリと言われるミトコンドリアのわずか1/1万の大きさです。また水素には優れた拡散性があり、「水にも油にも溶ける」非常に珍しい性質があります。

水素は老化防止に絶大な効果!!

アンチエイジング

活性酸素は、不安定な物質で何かと結合しようとする性質があり、肌の中で脂質と結合すると過酸化脂質が生まれます。酸化したドロドロの脂質は周囲を巻き込み連鎖的に増加。こうして肌のシミ、しわ、くすみもどんどん広がってしまいます。


理想の肌・しっとり肌・もちもち肌を手に入れるためにも水素の力は期待されています。

認知症対策

現在、認知症の人は462万人、予備群は約400万人、2025年には65歳以上の約700万人 (約5人に1人)が認知症になると言われています。政府も「新オレンジプラン」として認知症対策を平成27年1月27日に打ち出しています。
水素はとても小さい物質で、身体中どこでもフリーパス。ビタミンCも大きくて入れない脳など異物を受け入れない部位にもズンズン入り込みます。そのため、認知症の予防改善について、水素が効くと医学界でも研究がすすめられています。

これだけじゃない水素パワー

脂肪の代謝アップで、ダイエットにも!

私たちが持つ遺伝子には、さまざまなスイッチがあります。
水素は、代謝を高めるたんぱく質をつくる遺伝子に働きかけ、スイッチを少しだけオンにしてくれます。脂肪が燃えやすくなるので、いつの間にかせていることも!?

アレルギーにも肌荒れにも効果アリ!

水素には抗酸化のほかに炎症を抑える抗炎症作用、アレルギーを抑える抗アレルギー作用があります。酸化が原因で色がどんどん濃くなるシミや、アレルギーから起こるアトピーや肌荒れにも威力を発揮。

疲れにくくなるから仕事も運動も元気に!

激しい運動をすると筋肉に疲労物質の乳酸が溜まり、悪玉活性酸素もたくさん発生します。ところが水素を摂って同じ運動をすると乳酸が溜まりにくく、筋肉も疲れにくくなるというデータが。

眠りを誘う副交感神経にも作用!

水素を摂ると代謝が上がるので、身体や肌がポカポカしてきます。そうなると身体も脳もリラックスモードに突入。副交感神経が刺激されてスーッと眠りにつきやすくなります。「眠りが浅く寝付けない」「身体が冷えやすい」人にもお勧めです。

辛い二日酔いも水素で、シャキッと!

適量のアルコールは血流をよくし、ストレス発散にも大活躍。でも摂りすぎると「二日酔い」という辛いツケが。
体内に入ったアルコールは、肝臓に運ばれてアセトアルデヒドと水素に分解され、最終的には炭酸ガスと水に分解されて体外へ排出されます。アルコールを分解する能力には個人差があるので、「これくらいなら大丈夫!」とは言えません。許容量を超えると細胞が疲れてしまい、悪玉活性酸素が発生します。二日酔いのむかつきや頭痛は、悪玉活性酸素が身体を苦しめているサインなのです。

遺伝子が傷つくのをしっかりガード!
遺伝子は細胞のひとつひとつにあり、親から子へと受け継がれる設計図のようなもの。私たちの身体はこの遺伝子の情報に従っていかされています。
遺伝子を傷つける悪玉活性酸素を退治することで、大切な遺伝子を守ってくれるのです。

アレルギーも糖尿病もすべて原因は同じ!?
悪玉活性酸素が発生すると、老化現象やアレルギーの発症、糖や脂肪の代謝が悪化して糖尿病が起きたり、負のスパイラルともいえる実ににさまざまな悪影響があるようです。すべての解明はこれからですが、負のスパイラルの連鎖を断ち切る力を水素は秘めているのです。

pagetop